FC2ブログ

RSS|archives|admin

鉄のチカラ

2018.10.31 Wed


あぁよく寝ているね
しめしめ このスキにアレを

201810317.jpg

昨日K子先生がくれた鉄
入手先も聞いてあったのに、この一か月 購入に動かなかったヒライです 先生ありがとう

これを、夏の終わりに柿渋で染めたエプロンに使って、オシャレエプロンにしちゃおうという作業

201810316.jpg

なぜあんなに寝ていたのに、起きてきてエプロンの上に乗るのだ

この色もよいけど、鉄をくぐった後の墨黒色を知ると 黒くしてみたくなる
ラベルには、どれだけの量の鉄を いかほどの水に入れて、と詳細が記してありますが

「なんかこんな色だったよなあ」とだばだば使う。目分量ですらない。
湿らせたエプロンをざばっと浸すと、おお。おおお。黒い黒いぞー!←大喜び

201810318.jpg

水洗いして乾かして、アコガレの墨黒エプロンとなりました
またこの染めムラが良いねえ。先生ありがとう

201810315.jpg

また迷惑メールが来ました
ID情報管理してないの?間違ってるんでしょ?こっちが教えないといけないの?間違ってることは知ってるのに?

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Category:D I Y | Comment(2) | Trackback(-) | top↑ |

文化祭

2018.10.27 Sat


先日イケアで買ったブランケット
さっそく使っています 大判であったかい

この週末は 市内の公民館で文化祭を催しており
展示作品の説明だのご案内だのの当番になっていたので 出かけました
途中、よその展示を見たりしてもよいということだったので、革工芸のサークルの見学に行きました

201810275.jpg

キーホルダーやトレイが作れる体験教室があり、参加します
刻印をやってみたかったので、キーホルダーにしました

201810271.jpg

霧吹きで湿らせた革に、刻印をしていきます
「かめはないですかね」と言ってしまい、「かめ・・」「ないわねえかめは」と困惑されました

ここで、シュっとかめの図案が描ければいいんだけど・・ 練習しようかしら

201810276.jpg

隣には小学生くらいの女の子が座って、一つ一つレザースタンプの模様を選んで打刻していきます
えっそんなのあった?ていうのを見つけてきてたくさん並べています

201810273.jpg

だいぶできてきた なんだか隙間も埋めたくなり、展示会場の当番だったことも忘れて夢中で打刻します
着色も、希望があればできるようでしたが 突然当番のことを思い出したので 無着色にします

201810274.jpg

このあとドライヤーで乾かして、ラッカーを塗って完成です
小さな模様は 深くなってしまうなあ

使っていくうちに色の変化があるので楽しみです

公園などで拾った素材で作品を作る、という幼稚園の展示もあり

201810277.jpg

リスかもしれないが、強引に「かめね!?かめよね!!」 
リスのシッポを表現したらしいススキは トリミング時に意図的に削除

201810278.jpg

これはかめでしょう もうかめに決めた。

他にも パッチワークの力作の展示や、舞踏や茶道など 皆さん日頃の活動の成果を発表しています
手編みのサークルで、かぎ針編みのベレー帽を購入しました
寒くなったら活躍してくれそうです



Category:D I Y | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

染めてみよう

2018.09.02 Sun


「あぁ涼しい よく眠れるわー」 
夏の間は廊下で転がっていたが、このごろヒライのお布団に乗っかって寝ている。
これがもっと寒くなると・・お布団の中に・・グフフフフ

さて先日、大成功(?)をおさめた柿渋の会
ターメリックでも染色ができると聞いてやってみました

201809021.jpg

 ↑ これと

201809024.jpg

 ↑ これ

分量やら、ややこしく難しい手順を書いたものもあったんですが、幾多の検索結果のなかからヒライが選んだのは
「手元にあった材料でテキトーにやってみた」 いいねいいね。とってもヤル気になるね。

201809022.jpg

テキトーに、だしパックに5gくらいのターメリックパウダーを入れて鍋に投入
ぐるぐるかき混ぜていると、誰でも想像する通り、パウダーが溶けだしてきてカレーのようになった
だしパックの役目は・・

201809023.jpg

順調に煮ております
15分くらい、テキトーに煮て、冷めるまでおいとく、とありますが
冷めきるまで待てず、生あったかいまま作業続行

お酢やミョウバン、重曹などで媒染?かなんかするそうで
ヒライ邸には米酢とかないので、飲み残したフルーツビネガーと、レモン汁を投入
おおお。なんか違う黄色になってきたー

台所がすっぱい匂いになった。
さて水洗いをしよう ここで、去年チャレンジして敗退した「石鹸シャンプー」を使ったら

201809025.jpg

アヒャー!なんか赤くなったよ!!かめもうっすら赤くなった

201809026.jpg

わー 赤い赤い止まらないー
色が変わるのは、石鹸はアルカリ性だから、とか? ←バカ

しかし水洗いをすると、黄色に戻ります
また石鹸をつけて赤、水洗いで黄色、と何回かやって面白がって(小学生か)、気が済んで脱水しました

201809027.jpg

むむ。写真が明るくて白っぽいし、左の手ぬぐいは裏返しだけど まぁまぁ染まったよ!
熱湯以外は危ないものも使わないし、お手軽安心で楽しくできました

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村


Category:D I Y | Comment(4) | Trackback(-) | top↑ |

ガラスにかめ

2018.07.11 Wed


吾妻橋ってこんなとこだったのか!
(ビルの壁画)

ガラス彫りリューター体験 というのをやってきました
歯医者で歯を削るアレみたいな道具で、ガラスの表面を削って模様を描きます
グラスリッツェンとは違うんだろうか

201807112.jpg

図柄は作っていったんですが、けっこうスイスイと彫れるので もうちょっと細かくてもよかったかもです
初心者なので簡素なほうがいいかと思って。

201807113.jpg

かめのこTシャツを着てガラスにかめを彫るなんざぁオツだねぇ てやんでぃべらぼうめ

20180714.jpg

思いのほかスイスイ彫れたので、最初はなかった模様を足したり、グラスの底に「Francis」と入れたり 今日の日付を入れたり。

201807118.jpg

底に彫るときは、模様を左右反転しないと グラスを覗き込んだときに裏返しの模様になってしまう。

201807114.jpg

お店の人が撮影しておいてくれた、「ガラス彫りに夢中になるオバハン 花とともに」
ほかにも何点か、撮影してくれてたんですが、まぁ見事にどれもオバハンです ありがとうございました。

201807119.jpg

反射してしまったが 完成品。
ご指導役のおねえさん(多分ヒライよりずっと年下)は、美しく彫れるワザなどわかりやすく教えてくれます
模様の選び方とか。曲線の彫り方とか。

これは・・またやりたいぞ。

その後は風鈴&うちわ展を見たり。去年も今頃、同じギャラリーに見に来たな
今年はほおずき市、昨日で終わっちゃってた すごい人出だったらしい

201807116.jpg

なんかとっても怒ってる感じ。

201807117.jpg

革工房のセールがあったり、お昼のさばの塩焼きがおいしかったり、楽しい吾妻橋~浅草散歩でした

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村


Category:D I Y | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

年末に向けて

2016.12.27 Tue
n1448-2.jpg

椅子がキレイになったよ!(人´∀`)*゜。・。

n306-2.jpg

去年の夏、あまりの炎暑で気がふれて 手持ちのファブリックで張り替えた椅子
その後、ジュースをこぼしたり、擦り切れたりムー君が爪とぎにしてざりざりになったりで 数回張り替えていた

そのたびにネジを外したり、椅子をひっくり返したり(重い)、重労働だったんですが
世の中には「座椅子カバー」という神アイテムがあったッ(゜Д゜)

12271.jpg

ヒライの椅子の場合は肘掛を外す必要がありますが、あとはカバーをカパーっと被せて肘掛をつけて終~了~ です
座面の下にはぐるりとゴムがついていて、タッカーでばんばん留めなくても大丈夫
いろんな素材、カラーが選べてお値段は3000円くらい!嬉しーーー(人´∀`)*゜。・。

n1449.jpg

作業はカンタンだったんですが、例によって盛大にジャマしてくるこのヒト

n1450.jpg

この椅子の張替するの?じゃあここから絶対動かないからね
とでも言わんばかりに、フルコースの毛づくろい始めるし

しかし神アイテムのおかげで、つつがなく作業は終了しました
ィャー、椅子が美しいと、部屋が片付いて見えるネ!(完全にキノセイ

n1452.jpg

どうやってどこからそこに入ったッ(゜Д゜)
もー、塞いでも塞いでも・・・ヘビかキサマ

n1453.jpg

危ないって。直ちにそこから出てきなさいッ(`へ´

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村



Category:D I Y | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |