FC2ブログ

RSS|archives|admin

はんだ付け

2018.08.16 Thu


真夏の暑さで気がふれて、唐突にステンドグラスの作品を作ってみたくなり、体験教室に行ってきました
卓上鏡か写真立てのどちらかが作れます
迷わずフランシス君用写真立てを選択 鏡でオバハン見てもしょうがないし

sg1.jpg

パーツの数は2種類、全部で6つ
好きなガラスを選んで型紙通りに線を引きます

sg2.jpg

線を引くったって幅は全部一緒で既に切ってあるし、縦の線だけじゃん(このころはまだ、楽勝気分)
いろんなガラスがあって、なかなか選べませんが 暑いので白っぽくした

さて最初の難関、「ガラスを切る」
切れっぱしで何度か練習して、いよいよ切りますが こんな12ミリくらいの長さの線がまっすぐ切れません(ちょっと焦り)
ガラス切りをもっと立てて、前のめりになってぐっとチカラを入れて、といろいろ言われながらなんとか切りました

sg4.jpg

普段のレッスンの生徒さんたちがやってきて、各自の作業を始めています
最初の基礎レッスン3作品のあとは、決まったカリキュラムとかはないそうです

カットができたら、斜めってしまった断面や、線の通りに切れなかった部分を削ります
ここらでヒライの雑なところがぼろぼろ出てきます 先生がイラついているのがわかります(ドキドキ)

sg5.jpg

ダメ出しをくらいつつどうにか断面を整えて、次なる難関。コパーテープというのを巻きます

体験教室やワークショップにありがちな、「わー上手ですねー」「うまくできましたね」などが全くありません
2時間半もあるのにこんな単純なものを作って・・と思っていたらとんでもない(このあたりから周りが見えなくなる)

途中お茶が出てきて休憩時間があり、皆さんは高校野球や台風の進路について談笑しています

sg6.jpg

巻き終わりました
最初の図面通りにパーツを並べて、ノリみたいなのをつけて、最終難関 はんだ付けをしていきます
ヒライははんだ付けが初めてで、ボテボテになったり薄ーくなってしまったり

sg7.jpg

表裏ともにはんだ付けをします
うまくできなかったところは先生が手直しをしてくれます
ヒライの場合は全面的に手直しとなり、つまり「やりなおし」

sg8.jpg

はんだは銀色をしているので、希望があれば染められます
初心者ヒライは「ステンドグラスといえばつなぎ目は黒」と思っているので黒くしてもらいましたが
今こうしてみると銀色のほうが涼し気でよかったかなあ

2時間半もあったのに、おしまいの方はバタバタしてギリギリ仕上がりました
水洗いをして終了です

sg9.jpg

キョアー!できたわ
しかし、想像以上の難しさです 今回直線だけでこれだけ大変だったのに
アコガレのアールヌーボーな鏡とか、作れるようになる気がしません

月2回のコースがあるそうなので、しばらくそれに通ってみようかと思います

スポンサーサイト


Category:ただだらだら | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<秋の気配(願望 | HOME | 寝てもさめても>>
name
title
mail
url

[     ]